未分類

まだ子供がいなかったときに建てたので収納については何も気にならなかったし、備え付けるよりも後付けで家具をおいたほうが使いやすいのかなと思っていたし、リビングやダイニングが少しでも広く、スッキリ使えるかなと思いました。

子供が生まれてからは余計に、手に届くところにこどもの服を置いておいたり、すぐに手に届くようにおむつを置いたり、大きくなればおもちゃが増えたりで、その生活の想像がつかなかったし、現実の生活感という感覚がなかったのが失敗の原因ではないでしょうか。

失敗した原因は、生活が見えていなかったことです。

人が生活するということを具体的に考えられず、物が増えていく、片付ける場所がない。

でも一番長くいるリビングに置いておいたほうが便利、というビジョンが見えていなかった。

こうすればよかったと思うところは、テレビなどおくための台や本棚、壁に備え付けられる飾り棚、ちらかる小物などをかくせるためのそなえつけの収納など、とにかくおしゃれに片付けられるように考えれば良かった。

耐震にもリビングに置くのではなく、備え付けでかべにくっついている方が安全だし、最初から備え付けてある方が統一感もあって良かったのではないかなと思います。

参考:注文住宅 白井市

You Want To Have Your Favorite Car?

We have a big list of modern & classic cars in both used and new categories.